home  
お知らせ : 「共生・地域文化大賞」特別企画シンポジウム(6/11)を開催します!※終了しました
投稿者: taguchi 投稿日時: 2011-6-13 17:35:20 (4023 ヒット)

〜お寺とNPOのパートナーシップの可能性を探る 「共生・地域文化大賞」特別企画シンポジウム〜
本シンポジウムは、宗祖法然上人800年大遠忌記念事業として浄土宗が主催している「共生・地域文化大賞」の特別企画です。
「お寺とNPOの協働で可能になる新たな価値創造」により、「共生(ともいき)社会の実現」に寄与する有効な取り組みを生みだそうと実施するものです。


----------------------------------------------------------
往(い)く「いのち」とつながる私たちのとり組み
−お寺とNPOの実践から−
----------------------------------------------------------

いま、「自死自殺/遺族/グリーフケア」をテーマに取り組む活動が社会の中で広がっています。
その活動の主体は、当事者等によるNPOであることも多いですが、一方で、お寺・僧侶ならではの活動も行われており、それぞれ別のアプローチによる実践がなされています。

そこで本シンポジウムでは、基調講演において「いのち」について考えるとともに、第2部でパネル討論を行い、お寺とNPO双方の実践者の議論を通じて、「お寺とNPOがパートナーシップを組む」ことでその先に生まれる、新たな成果・価値創造への道筋を見いだします。


<日時>
平成23年6月11日(土)午後1時〜4時30分
【入場無料】※事前申込制


<場所>
「ひと・まち交流館 京都」大会議室
〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html


<プログラム>
13:10〜 第1部《基調講演》「『いのち』について」
 山折 哲雄 さん(宗教学者、国際日本文化研究センター名誉教授、「法然上人をたたえる会」会員)

14:25〜 第2部《パネル討論》「お寺とNPOのパートナーシップの可能性を探って」
 尾角 光美 さん(Live on 代表)
 清水 康之 さん(NPO法人ライフリンク代表)
 竹本 了悟 さん(京都自死・自殺相談センター代表/浄土真宗本願寺派僧侶)
 藤澤 克己 さん(自殺対策に取り組む僧侶の会代表/浄土真宗本願寺派僧侶)
 コーディネーター 宮坂 直樹 さん(浄土宗総合研究所研究員/浄土宗僧侶)


<対象・定員>
本テーマに取り組む僧侶およびNPO関係者、その他関心のある方200名


<応募方法>
下記申込先まで、電話・FAX・Eメール等でお申込みください。
氏名、所属名、連絡先の電話番号・FAX・Eメール等をお伺いします。
また、定員となり次第、募集を締め切ります。


<問合せ・申込先>
共生・地域文化大賞運営事務局(NPO法人きょうとNPOセンター内)
〒600-8104 京都市下京区五条通高倉西入万寿寺町143 いづつビル6階
電話 075-353-7688(月曜日〜金曜日10:00〜19:00) FAX 075-353-7689
電子メール info@tomoiki.jp URL http://tomoiki.jp


<体制>
主 催 浄土宗/NPO法人きょうとNPOセンター
後 援 財団法人全日本仏教会/NPO法人JIPPO
運 営 共生・地域文化大賞運営事務局

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright(C) 1998-2012 Kyoto NPO Center(KNC). All rights reserved.
THEME DESIGN: IMAGO:THEMES   THEME NAME: imago08